池田ワイン製菓の想い

素材へのこだわり

ハスカップはアイヌ語でハシカブ(枝に実るもの)と呼ばれ、北海道の勇払原野から千歳周辺に自生する幻の木の実とされていました。
栄養素の豊富さは、古くからアイヌの人々に「不老長寿の妙薬」として言い伝えられてきました。

現在では、なるべく自生に近い状態を守りながらも、果樹に適した環境づくりを心掛けて栽培しています。 無駄な薬品などは使わず、自然の状態を維持したまま、健康で瑞々しい果実を実らせるよう徹底した管理のもと、 現在では自社の栽培だけではなく、長年に亘る近隣農家との繋がりの中で信頼の於ける生産者と契約し、生産高の向上に努めています。

抗酸化作用の強いポリフェノールや目に良いとされるアントシアニンのほか、 ビタミン・カルシウム・鉄分などを多くの栄養素を含むハスカップは、栄養補助食品やダイエタリーフードとして注目を集めています。

一日の生産について

無農薬を心掛けて栽培された果実には、薬品などを使った加工はもちろんいたしません。
風味を損ねる化学調味料や、人工的な色彩になる着色料、合成保存料も一切使用しておりません。
自然の甘みや酸味、渋みを味わっていただくため自然醸造発酵を行っております。
そのため、賞味期限や消費期限は短くなってしまいますが、果実本来の美味しさを楽しんでいただきたいとの思いから、 天然素材と果実だけを使った無添加での加工を進めております。


生産者との協力

常に質の高い果実を収穫できるよう、土壌や気温、害虫等に細心の注意を払い、生産者と協力して万全の栽培体制を整えています。
人にも環境にとっても安心・安全な果樹であるために、栽培計画や環境整備を生産者と一緒に考えて進めています。
在来種であるハスカップは手を掛け過ぎてもいけません。肥料や剪定に気を使いながら、自然の力に委ねながら育成していきます。
長期契約農家と力を合わせて作り上げていくことにより、質の高い商品を安定生産していくことを目的とし、果実の栽培に熱心な農家と、加工製品に熱心な弊社が共に考える「美味しい果実を、より美味しいものとしてお届けしたい」という思い。
たくさんの人の手と、たくさんの人の熱い思いを込めて、私たちはひとつひとつの果実を栽培の段階から大切に作り上げています。

  • 会社のはじまり
  • 素材へのこだわり
  • 一日の生産について
  • 生産者との協力

商品のご購入はこちらから

お問い合わせ